車酔い

たかが車酔い、されど車酔い

車酔い

 

わたしたち人間の身体に起こりうる症状はいくつも存在します。たとえばのどの痛みや発熱などの風邪の症状がそうですし、すり傷や切り傷も怪我の症状になり、わたしたちの身体にいつ起こっても不思議なものではありません。

 

そのいつ起こってもおかしくないような症状はまだまだたくさん存在しますが、今の社会は自動車が普及し、それによって起こりうるさまざまな症状が指摘されるようになりました。それが「車酔い」であり、車に乗っていることで気持ち悪くなってしまったり、最悪の場合には死ぬことにもつながってしまうケースも存在しています。

 

死ぬことまで行ってしまうような症状はごくまれなことなのですが、その一歩手前としては脱水症状があったりしますので、たかが車酔いとタカをくくっているととんでもないことにつながってしまうことにもなりかねません。

 

それにこうした酔いはなにも自動車にかぎったものではなく、たとえば遊園地のジェットコースターやコーヒーカップのような動きがはげしいものでも起こることがありますし、列車や船といった車以外の交通機関においても酔いがあるので、もともと酔いやすい体質の人にとってはどれでも注意しなければならないことなのです。