車酔い

車酔いはなぜ起きるの?

自動車に乗っていて起こるのが車酔いですが、その原因はじつにさまざまです。そもそも車酔いと言うものがどうして起こるのかというと、真っ直ぐ進んでいる状態で、スピードも一定のスピードであれば車酔いは起こりません。車酔いが起こるのは、たとえばカーブのときに自動車が揺れたり、加速、それから減速のときにも車体が揺れることによって、人間の身体にかかる加速度が三半規管を刺激し、それによって自律神経の失調へとつなげてしまうのです。このことから医学的な用語においては「加速度病」や「動揺病」といった呼ばれ方をされることもあります。これは車に乗っているときにかぎったことではなく、飛行機に乗っていて乱気流の影響でゆれたり、遊園地のアトラクションでアップダウンやループがあるジェットコースターの振動もそうですし、近年3Dの映画が有名になっていますが、こうした3Dの画面を見続けることによって三半規管が刺激されてよってしまうこともあります。ですからなにも車にかぎったことではなく、意外と身近なところにこうした「車酔い」と似たようなシチュエーションがあるのです。なので、酔いやすいという人はこうした原因に普段から注意を払っておきましょう。

原因関連エントリー

原因
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
症状について
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
状況
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
車以外
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
気持ちの持ち方?
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。