車酔い

どうすればいいの?

車酔いは、自動車に乗るという人であれば誰にでも起こりうる可能性のある身体の異常のひとつです。原因としてはカーブの多い道を長時間走っていたり、急発進や急加速を繰り返すような荒っぽいドライバーの自動車に乗っていたり、本を読みながら、または携帯ゲーム機で遊びながらなどの下を向きっぱなしの姿勢でいたりすると、じょじょに身体の中の三半規管が狂ってしまい、その結果として吐き気や頭痛、めまいといった症状があらわれてくるものです。これらに対してどう対策をすれば良いのかと言うと、もっとも適切なことは「それらをしない」ことにかぎります。荒っぽいドライバーであれば運転をもうすこしおだやかにするようにたのみ込んでみたり、読書やゲームはほどほどにするとか、カーブの多い道ではなるべく車体が揺れないようにアクセルやブレーキ、そしてハンドルのていねいなドライビングを心掛けることも必要です。また車酔いは後遺症が残らないタイプの身体の異常ですし、休憩をすれば自然と収まっていくタイプのものでもありますから、どうしても気持ち悪くなってしまう、症状が長引くといったときには、安全な場所に自動車を停車させて休憩を取るのも対策のひとつです。

対策エントリー一覧

乗る前の対策
車酔いの対策法としてはいろいろなものがありますが、まずは乗る前の対策法をかんがえてみましょう。対策と言ってもなにもむずかしいものではありません。これは日ごろの体調管理をしっかりすることにより、それでじゅうぶんな車酔いの対策にもつながるからなのです。具体的には、まず睡眠不足はいけません。睡眠をしっかりとることによって、余計な体調の低下を招くことをふせぐことになるのです。ことで、自動車に乗っているときに起こる振動や発進加速、減速のときの身体の揺れに対して強い身体を作るのです。次に、お腹の調子をコント...
乗るときの対策
自動車に乗っているときにつきものと言って良いものは車酔いですが、乗っているときに酔ってしまいそう、もしくは酔ってしまった場合の対策についてかんがえてみると、いろいろな方法が思い浮かびます。まずよく知られている方法として、窓を開けて空気を入れ替えるというものがあります。これはバスなどにおいて、酔いやすい人が窓側の席にすわる傾向が多いことからもわかるとおり、こもった車内の空気と言うものはそれだけで気分を悪くしてしまうものになります。なので自動車に乗っているときに酔ってしまった場合においては、まず窓を...
自動車以外
車酔いは自動車に乗っているときに起こるものですが、自動車以外の乗り物についてもこの症状が起こることがあります。たとえば電車や船で酔ってしまう人が居れば、遊園地のアトラクションであるコーヒーカップやジェットコースター、また飛行機もそうですし、ガソリンスタンドでガソリンを入れるときに、ガソリンのにおいで酔ってしまうこともあります。これらの場合においても、自動車における車酔いとおなじ対処法が取れるのです。たとえばバスに乗っているときに良いそうな人は、バスのエンジンは後ろよりにあることがほとんどなので前...
車酔いを予防
乗り物酔いは経験した事が無いと言う方が少ないくらい良くある事です。乗り物酔いというと船酔い・飛行機酔いなどありますが、一番多いのは利用する機会が最も多いであると思われる車酔いでしょう。車酔いはどんなに身体が強い人であっても具合の悪く感じてしまう事です。なので、車酔いは起こしてしまう前に未然に防ぐ方が必要になってきますし、起きてから直すよりは楽ですしとにかく辛さを感じる事がないので良いと思います。未然に防ぐ方法として有力なのはやはり酔い止めの薬をあらかじめ飲んでおく事が良いと思います。しかし車酔い...
バスなど長距離の車酔い
近年では、首都圏から地方に移動するときに、リーズナブルに乗れる「夜行バス」を代表されるように、バスで移動するとき、車酔いの問題があります。夜間であれば眠ってしまえばよいという考え方もありますが、実際には高速道路を使わない場合であれば、かなり酔いがひどくなってしまうことがあります。出来る限り、頭を動かさないことや、ヘッドフォンンなどをして他のイメージでいられるようにすることで、気分転換を図れるようにすることで、酔いを少なくすることができるようになります。普段からバスで酔うことの多い人は、体調管理に...
車酔いの予防方法
車酔いは、個人差があるものですが、適切に予防することによって、かなり症状を緩和させることができます。具体的には、まずは、自己の体調管理によりますが、睡眠をしっかりととることが大事になります。この対策を講じることによって、自己の体調管理はもちろんのこと、メンタル的なヘルスケアも十分に行うことができるからです。次に、空腹時には一般的に車酔いになりやすいと言われています。これはストレスが精神的にかかっている状態ということもあるので、車に乗る30分くらい前には食事を終えるようにしておくとよいでしょう。ま...