車酔い

バスなど長距離の車酔い

近年では、首都圏から地方に移動するときに、リーズナブルに乗れる「夜行バス」を代表されるように、バスで移動するとき、車酔いの問題があります。夜間であれば眠ってしまえばよいという考え方もありますが、実際には高速道路を使わない場合であれば、かなり酔いがひどくなってしまうことがあります。

 

出来る限り、頭を動かさないことや、ヘッドフォンンなどをして他のイメージでいられるようにすることで、気分転換を図れるようにすることで、酔いを少なくすることができるようになります。普段からバスで酔うことの多い人は、体調管理に気をつけて、長距離の場合、自らツアー会社の人やバスの運転手さんに申し出て配慮してもらうようにするとよいでしょう。

 

バスの場合、隣の人に配慮する必要があるので、特に吐き気などがある場合には、早い段階で乗務員に相談するようにしてください。無理をして、健康を害さないように、メンタルケアの管理は自分である程度、出来るようになることが理想です。長距離で一度過去に酔ったことがある人は早めに相談して、健康管理には十分に気を使うようにしておくとよいでしょう。また、事前に車酔いの酔い止めなどを飲んでおくことで症状が軽減されます。

 

 

 

バスなど長距離の車酔い関連エントリー

乗る前の対策
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
乗るときの対策
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
自動車以外
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
車酔いを予防
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
バスなど長距離の車酔い
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。
車酔いの予防方法
辛〜い車酔い。原因や対策をご紹介しています。